「日本版MI6」のタネを撒く杉田官房副長官

2016年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

政府は昨年12月、外務省に対テロ組織「国際テロ情報収集ユニット」を設置した。11月のパリ同時多発テロを踏まえ、今年4月の発足予定を前倒ししたものだ。しかし、この組織を巡って、外務省と警察庁の主導権争いが繰り広げられている。ユニットは過激派組織「イスラム国(IS)」に邦人2人が殺害された事件を受け、テロに関する情報を収集する目的で昨年5月に設置が決まった。中東などのテロ多発地域に「インテリジェンス(情報)」に精通した人材を配置し、外務省に届けられる情報を首相官邸にも同時に集約する仕組みだ。外務省に置かれてはいるが、実態は官邸直轄の情報収集・分析チームである。ユニットは外務省のほか、警察庁や防衛省、公安調査庁などの混成部隊で構成され、約40人でスタート。菅義偉官房長官は発足に当たり、「省庁間の垣根を越え、オールジャパンで取り組んでほしい」と訓示してい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。