「法人税節税」ファイザー大合併

アイルランド企業との44兆円統合で本社脱出。日本も法人税率30%割れ程度では甘い。

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

米大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、企業幹部を招待する内輪の朝食会を定期的にニューヨークなどで開催している。食事する招待客の前で、経営者や政治家がWSJの編集幹部と対談するのだ。10月29日、米製薬大手ファイザーのイアン・リード最高経営責任者(CEO)が、朝食会の主賓として登場した。対談相手は、WSJ金融担当デスク、デニス・バーマンである。前日の28日晩にバーマン率いるM&A(買収・合併)チームが、ファイザーの特ダネをスクープしていた。「アイルランドの同業アラガンに対し、ファイザーが経営統合を打診した」と電子版に流したのだ。交渉中の重要事実をおいそれと認めるわけにはいかない。リードCEOは報道に触れるのを避けたものの、「我々は片手で外国勢と戦っているようなものだ」と米国の税制に嫌気が差していることを強調していた。ファイザーが支払う米国の法人税 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。