火蓋を切った不動産流通「新旧勢力の戦い」

2016年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

他国に比べ、中古住宅の売買が少ない日本。空き家増も問題になり、国をあげて不動産流通市場の活性化を推進している矢先に、これに逆行する出来事が起きた。大手不動産流通業団体の不動産流通経営協会(FRK、田中俊和理事長=住友不動産販売社長)が、新興勢力のヤフーとソニー不動産に「待った」をかけたのである。FRKは12月10日をもってヤフーのウェブサイト「Yahoo!不動産」への物件情報提供を停止。その理由を、「ヤフーがソニー不動産と資本・業務提携し、情報サイトとしての中立性を損ねたため」とする。FRKの決定を知った業界関係者には衝撃が走った。2014年に設立されたソニー不動産は、不動産の流通革命ともいえる新しい試みを次々に打ち出し、中古住宅仲介では売り手だけを担当する「片手取引」を標榜している。FRKに加盟する大手不動産流通会社ら旧勢力は売主、買主双方を1社が担当する「両 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。