「衆参ダブル選」の裏の裏

首相が「1月4日の国会召集」を明言したのは、6月1日衆院解散・7月10日同日選を公然と宣言したに等しい。

2016年1月号 POLITICS [公明党に「毒まんじゅう」]

  • はてなブックマークに追加

衆参ダブル選を語る政治のレトリックは、伝統的に2通りだった。「あると見せかけて、ない」のがブラフ(はったり)。政局引き締めのため政権がよく使う手である。反対に「ないと思わせて、ある」のは「死んだふり解散」。緻密さと大胆さを要する芸当なので、これまで1986年の中曽根康弘政権しか成功していない。今回、安倍首相は新しい話法に挑戦している。すなわち「あると見せかけながら、ある」ダブル選。秋以降、ダレ気味の与党内に緊張感をもたらす効果と共に、「あると見せかけているんだから、ないんだろう。ブラフだ」と思い込もうとする政治通の裏を掻く戦法である。16年7月を目指して、すでにレールは着々と敷かれている。早々と名付けるなら、「あるある解散」とでも呼ぼうか。16年度税制改正に仕掛けはいくつも埋め込まれた。最大の焦点だった消費税率上げに伴う軽減税率の規模が、官邸主導 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。