「ミュータント・サーモン」が2倍速成長で食卓に!

2016年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国で「ミュータント・サーモン」が食卓に上る日がやってくる。米食品医薬品局(FDA)が11月、遺伝子を組み換えたサケの食用販売を最終認可したのだ。このサケは遺伝子操作により通常の2倍の速さで育ち、普通のサケの半分の1年半で成魚となる。FDAは「安全に食用できる」と太鼓判を押すが、健康への影響を懸念する声は高まるばかりだ。既に米国では遺伝子操作された作物が出回っているが、動物の食用認可は史上初。食料の効率生産という点では「バイオ革命の成果」だが、消費者団体は「際限なく遺伝子操作が使われるようになる」と危機感を募らせる。「次の食用認可は、遺伝子操作で感染症への抵抗力を強化した牛や豚になる」との憶測が広がる。件のサケは、米バイオ企業「アクアバウンティ・テクノロジーズ」が、大西洋サケにキングサーモンなどの遺伝子を組み込み、開発した。通常のサケの成長が鈍る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。