中国党幹部が謎の「連続不審死」

反腐敗キャンペーンの拡大で地方幹部の自殺が急増。彼らはなぜ服役より死を選ぶのか。

2016年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2015年11月22日午後2時半頃、広西チワン族自治区桂林市秀峰区の高層住宅の11階から1人の中年男性が転落し、即死した。通報を受け駆けつけた公安局の調査で、この男性は秀峰区共産党委員会の現役書記の趙〓生だったことが確認された。自宅から転落したため飛び降り自殺とみられるが、地元政府トップの急死という大事件にもかかわらず、当局は動機について一切口をつぐんでいる。趙の死はいま中国各地で相次いでいる高級幹部の「連続不審死」の一例に過ぎない。11月には報道されただけで少なくとも7人が死亡。すべて自殺とささやかれるが、詳しい動機はいずれも不明だ。それどころか、まるで不慮の事故のように当局が装うケースもある。11月9日、吉林省蛟河市党委常務委員兼公安局長の郝壮が、公安局オフィスの6階の窓から転落して死亡した。その原因について、公安関係者は「窓ガラスを拭いていた時に足 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。