新型テロが欧州を「戦場化」

組織型と一匹オオカミ型を融合し、傍観者を犠牲者に。空爆強化や派兵は、中東の憎悪を掻きたてて思うツボ。

2016年1月号 GLOBAL [イスラム国が変容]

  • はてなブックマークに追加

過激派組織「イスラム国」(ISまたはISIS)は政治的なアニマルである。それを思い知らされたのは2015年1月、人質になっていた後藤健二氏と湯川遥菜氏を斬首し、日本の憲法9条の解釈変更をめぐる国内の論争に忍び込んできた時からだった。ISはいま欧州に目を転じ、その政治的な脆弱性を暴き出そうとしている。11月13日夜、ISが犯行声明を出した組織的なパリ同時テロは、04年にスペインのマドリードのアトーチャ駅構内などで死者191人、負傷者1600人を出した4人のジハーディスト(聖戦士)グループによる自爆テロに次ぐ最悪の事件となった。

欧州共通の外交方針が不在

パリのテロはフランソワ・オランド仏大統領から過剰反応を引き出し、9・11テロ当時のジョージ・W・ブッシュ米大統領に倣ってか、テロ攻撃を「フランスに対する戦争行為」と宣言した。その後、テロ実行犯が欧州連合(EU)本部のあるブリュッセルに潜伏していると ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。