銀行団仰天「カナフレックス」の金庫は空っぽ!

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

派手なCMで知られる工業用品・建材メーカーのカナフレックスコーポレーション(金尾茂樹社長)が借入金の返済をストップして1年――。漸く銀行団に「事業再生計画案」が提示されたが、肝心の返済計画の記載がなく、銀行団は我慢の限界に達したようだ。再建計画の策定は「社楽パートナーズ」という聞きなれないコンサル会社が請け負った。代表の北義昭氏は三和銀行からUBS証券を経て2007年に独立した人物で、企業再生、M&A、資金調達などでの豊富な実績を強調しているが、「少なくともうちが紹介するような再生コンサルではない」と、メガバンク関係者は冷ややかだ。当初契約していた大手コンサルのKPMG FASが「金尾社長の機嫌を損ね、クビになったらしい」(リース会社)と囁かれる。15年7月頃より、超ワンマン社長の言うことを聞く社楽が引き継いだようだ。結果、KPMGが資産性を疑問視していた「建設仮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。