GPIF「8兆円損失」で理事長なり手なし

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

案の定と言うべきか、年金135兆円を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が袋叩きに遭っている。11月30日、所管の厚生労働省の記者クラブで発表した2015年7~9月期の運用成績が、7兆8899億円のマイナスとなったからだ。鬼の首を取ったように12月第二週の週刊誌2誌(週刊朝日と週刊文春)には「3カ月で8兆円が消えた」とトップ記事で書きたてられた。GPIF審議役の未練たらしい会見は、ツッコミどころ満載だ。リーマン危機直後の08年10~12月の損失5兆6601億円を上回る過去最悪だったことをなかなか白状せず、期間収益率(マイナス5.59%)で過去三番目の損と「率」で悪印象を薄めようとしたのがあざとい。ホームページでも「年金積立金は長期的な運用を行うものであり、その運用状況も長期的に判断することが必要です」「収益は、各期末時点での時価に基づく評価であるため、評価損益を含んで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。