医療行政に殴りこむ菅原経産省

健康・医療戦略推進本部を率いるのは厚労相ではなく、甘利経済再生相。その実働部隊は商務情報政策局だ。

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大胆な医療改革を目指し、経済産業省が厚生労働省の医療行政への「領空侵犯」を本格化している。40兆円を超えた医療費は財政悪化の主因となり、日本メーカーは医薬品や医療機器開発で欧米のライバルに周回遅れだ。経産省の仕掛けがショック療法となり、安倍晋三政権の医療分野の成長戦略に弾みがつくかどうかが課題である。塩崎恭久厚労相は11月末の記者会見で浮かない顔だった。日本年金機構へのサイバーテロで醜態をさらけ出したのに続き、厚労省のホームページが約3日間も閲覧できなくなった。「今回のサイバー攻撃は行政サービスを阻害する許しがたい行為である。警視庁と相談して被害届を出します」。厚労相はそう述べるしかなかった。「安倍首相のお友達」が看板の塩崎氏は今秋の内閣改造で留任し、親密度を示したが、それとは裏腹に、このところ厚労省のドタバタが続いている。HPのサイバーテロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。