「ロシア機撃墜」トルコの誤算

長期で1千億ドルの大損。ロシアの報復を恐れ、国境越えの対クルド人空爆も中止した。

2016年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

11月24日、トルコがロシアの戦闘爆撃機「スホイ24」を撃墜、両国の関係が一気に悪化したことで、シリアのみならず、中東問題の解決でキー・プレーヤーとして振る舞ってきたトルコは、急速にその地位を失いつつある。事件のわずか8日前、トルコが主催したアンタルヤG20首脳会合では、各国は13日にパリで起きた同時テロを非難し、テロ対策やシリアからの難民流入問題で協調することで合意した。会議には、ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領が西側によるロシア制裁後初めて、世界の首脳が集まる会合に姿を見せたが、この時点ではトルコとロシアの関係は極めて親密だった。トルコ・ロシア関係に最初に影が差したのは、シリアのバッシャール・アサド政権を支援するためにロシアが9月末、シリアで空爆を始めたことだった。ロシアは、アサドに対抗するイスラム過激派組織「イスラム国」(ISまたはISIS) や ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。