創価学会「№2粛清」の真相

原田会長や谷川事務総長ら主流派は組織引き締めに躍起。大カリスマの「Xデー」を見据えた集団指導体制に移行。

2016年1月号 LIFE [我が世の春の「四人組」]

  • はてなブックマークに追加

カリスマ指導者のXデーを見据えた集団指導体制の生き残り戦略――。11月17日、創価学会は会則を大幅に改正した。浮かび上がるのは、池田大作名誉会長(87)はじめ「三代会長」(池田氏までの歴代会長)の偶像化を推し進め、かねて商標登録していた「日蓮世界宗創価学会」の旗印の下、東京・信濃町に聳える「広宣流布大誓堂」を全世界から巡礼者が集う聖地にしようとの野望だ。が、組織引き締めに躍起の原田稔会長(74)や谷川佳樹事務総長(59)ら主流派の支配下、表向きは№2の地位にあった正木正明理事長(61)が事実上更迭されるなど組織内には粛清の嵐が吹き荒れ、公称827万世帯の巨大宗教団体の足元では静かに瓦解が進んでいる。「大誓堂では池田名誉会長の声が流れる中、一緒に勤行できて感動しますよ」ある学会員はそう語る。大誓堂は総本部ビルとして2013年11月に完成。地上7階建て、高さ30m。3階 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。