ありがた迷惑!安倍「セールス外交」

盟友アボット豪首相の失脚で日本の「潜水艦受注」は風前の灯。現地生産リスクを抱える三菱重工と川崎重工は、そもそも熱意がない。

2016年1月号 BUSINESS [タダほど怖いものなし]

  • はてなブックマークに追加

歴代首相で最多の63カ国・地域を訪問。トップセールスで「メード・イン・ジャパン」を売り込んでいる安倍晋三首相(61)が頭を抱えている。戦後の国是だった「武器輸出三原則」をお払い箱にしてまで狙っていたオーストラリアの「潜水艦商談」が大コケにコケそうなのだ。最大12隻、総額500億豪ドル(約4兆4千億円)という巨大プロジェクトであり、日本政府は三菱重工業と川崎重工業が建造する「そうりゅう」型を必死に売り込んできた。豪政府は現役のコリンズ級潜水艦(排水量3300トン)に代わる次期潜水艦の就役を2025年頃に予定している。コリンズ級は1990年に建造が始まったが、潜水艦としての完成度は低く、「(騒音が)うるさい」「故障しやすい」「満足に動かない」と評判は散々。オーストラリアは自国に開発・建造能力がないため、コリンズ級採用に際してはスウェーデンの軍需・航空機大手SAAB傘 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。