橋下徹は果たして出るか

「引退興行」は大成功。衆参ダブルなら衆院選出馬。自民・公明と三党連立も有り得る。

2016年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

11月22日の「大阪ダブル選」は、「反維新共闘」の不発で、事実上、維新対自民の一騎打ち。大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長(46)は、「辞めないで!」の大合唱に乗って自民党大阪府連を蹴散らし、みごとに「引退興行」を締めくくった。再選された盟友・松井一郎知事(51・大阪維新の会幹事長)に新党代表を、期待の若手・吉村洋文元衆院議員(40)に大阪市長をバトンタッチし、5月の「大阪都構想」の住民投票の雪辱を果たして、大阪維新は堂々生き残り。満面の笑みの退場だ。桁違いの集票力を再認識させた橋下には、早くも「入閣」や「衆院選出馬」の噂が飛び交っている。選挙前の大阪維新は全く冴えなかった。目標を失った地方議員らは意気消沈。乱痴気騒ぎや、政務活動費の不正使用、公選法違反で当選無効など、住民投票の熱気に隠れていた不祥事が次々明るみに出てイメージを落とす。その上、安保 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。