佐川印刷「90億円不正」謎の失踪

罪を認めた元取締役が消えた。サーキット場、ゴルフ場、霊園に元横綱も絡み奇々怪々。

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

京都の大手印刷会社「佐川印刷」の子会社から約90億円もの資金を不正流用させた男は、やはり法廷に姿を現さなかった。11月10日、京都地裁は欠席裁判で男を裁き、5億8千万円の支払い命令を下した。約90億円の不正流用が発覚したのが2015年1月末。素直に詫びを入れ、罪を認めた報告書を会社に提出していたが、2月下旬、東南アジアに出国して以降、行方は杳として知れない。この間、佐川印刷が刑事告訴。京都地検特別刑事部の捜査が始まったものの、男は出国したままで、京都地検は8月に逮捕状を取り、海外でもすぐに身柄を拘束できる「国際海空港手配」の手続きを取った。流用先の法人や会社役員らとともに民事でも訴えられたが、10月6日の第1回口頭弁論の期日に、他の2被告1法人が弁護士を立てて対応したのに、男には訴状さえ届かず、受け取ったとみなす「公示送達」で裁判は進められ、2回目の11月10日、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。