「異次元」安売りのむくい

2016年1月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

これほど「異次元」の安売りも珍しい。11月28日、フィギュアスケートのNHK杯で羽生結弦選手が総合得点で300点の大台を突破、322.40点の世界最高を記録したことだ。映画『陰陽師』の邦楽調メロディーに乗った演技は、次々と4回転ジャンプを成功させ、まさに“神業”だった。選手本人が絶句するのは無理もないが、翌日の新聞・テレビ・雑誌まで一斉に「異次元」と形容したのには呆れた。声を上ずらせた実況のアナウンサーが、おそらく用意していたキメ台詞「次元が違います」をパクっただけ。なんてお手軽な賛辞だろう。せっかくの壮挙に水を差してしまった。なにしろ「異次元」緩和のご本尊である黒田日銀が、2年半前のサプライズはとうに色褪せ、流通市場の国債も干上がって、追加バズーカは手詰まり。利上げへ動くイエレンFRB(米連邦準備理事会)を羨むばかりのご時世だ。「異次元」を安売りしすぎたむ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。