落日のオバマ政権、TPP発効「困難」が大勢

2016年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「各国の迅速な審議と承認を待ち望む」――。環太平洋経済連携協定(TPP)をまとめた日本や米国など12カ国の首脳は11月、フィリピン・マニラに集い、協定発効に向けて速やかに議会承認を得ると宣言した。あえて「共通の目標」を掲げた首脳らの念頭には「制御不可能な米国議会」への警戒があった。5年越しの交渉の決着は、通商の世界における快挙であり、安倍政権は「日本の交渉力の勝利」「成長加速」をアピールする。その喧伝を聞く限り、TPPの実現は間近に思えてくる。が、協定の発効には、各国の手続きが不可欠だ。特に域内経済規模首位の米国と2位の日本が批准しなければ、協定は発効しない仕組みであり、米議会の承認審議が、その命運を左右する。ところが、米議会関係者は「オバマ在任中の承認は難しい」「2016年11月に迫った大統領選と上下両院選の重圧が、行く手を阻んでいる」と口を揃える。与党 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。