「難民苦」トルコは安定政権選ぶ

やり直し選挙でクルド系政党を押さえ過半数。欧州との難しい分担交渉に有利な立場。

2015年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

11月1日のトルコ議会のやり直し選挙は、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領率いる与党、公正発展党(AKP)が過半数を大きく上回る議席を得て、単独政権に返り咲いた。6月の総選挙では強権政治を批判されて過半数を割り、連立も難航して膠着状態に陥っていたが、トルコの有権者は難局打開のために安定政権を選択した。9月にシリア空爆と同時にクルド人反政府勢力掃討作戦を再開していたエルドアンは、思惑通りクルド系の国民民主主義党(HDP)を80議席から59議席に後退させて主導権を回復した。これでシリア難民をめぐる欧州との難しい交渉に有利な立場で臨むことができるだろう。

欧州もトルコに秋波

内戦が続くシリアから国外に逃れた難民は、隣国のトルコやレバノン、ヨルダンが避難所を提供して受け入れてきたため、ほとんどが周辺の中東3カ国に留まっていたが、今夏に状況が一変した。ヨーロッパは突如、何万 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。