「¥=日本円」でなく中国人民元になる日

2015年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「¥=日本円」といえる時代が、国際社会で終わりつつある。国際通貨基金(IMF)が11月末にも「特別引き出し権(SDR)」と呼ぶ準備通貨に、中国の人民元を採用する見通しとなった。元(Yuan)は、米ドルや円などに続く5番目のSDR採用通貨となり、名実ともに「国際通貨」に躍り出る。円と同じ¥記号で表される元は、決済通貨としての世界シェアを拡大し、円を抜き去る勢いだ。アジアの代表通貨が円ではなく、元となるのは時間の問題だろう。SDRは、IMFが188の加盟国に出資比率に応じ、割り当てる仮想の通貨。金融危機に陥った国はSDRを使って他の国からドルなどを調達できる。その価値は現在、ドル、ユーロ、英ポンド、円の加重平均で算定され、1SDRは約1.4ドル。5年ぶりとなる採用通貨の審査は、11月にも結論が出る。米国は強大な軍事力に加え、基軸通貨ドルによって覇権国家の地位を築いた。中国の習近 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。