主要147誌「実売部数」大公開

門外不出!ABCデータ。小学館は53誌中50誌が赤字の目を覆う惨状。スクープ連発の「文春」編集長が「春画」掲載で休職。ジャーナリズムの「牙」を抜かれないか心配だ。

2015年12月号 COVER STORY [販売総額6%減!]

  • はてなブックマークに追加

今年は、出版界にとって「終わりの始まり」の年になるかもしれない。出版物(雑誌・書籍)の販売額は昨年度まで10年連続で減少し、2015年上期も前年同期比4.3%の減少。お笑い芸人、又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』が200万部を超える大ヒットを記録したが、出版界全体からすると焼け石に水でしかなく、15年度も11年連続の減少となるのは確実だ。出口の見えない出版界の危機的状況を象徴するのが栗田出版販売の倒産劇だった。栗田は出版取次業界4位の老舗だが、取次の利益の源泉である出版物の市場規模の縮小により経営難に陥り、6月末に倒産、民事再生手続き申請に追い込まれた。負債総額、約135億円。出版取次では過去最大規模の倒産だった。取次会社は出版社と書店をつなぐ出版物流通の要。栗田の倒産に出版界に激震が走った。本誌が入手した栗田の債権者名簿によると、大口債権者は小学館(約6億7千 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。