地銀が恐れる森金融庁長官の懐刀

財務省OBの切れ者が、民間からの「出戻り」で、孤軍奮闘の森を支えるキーマンとなった。

2015年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ともすれば事なかれと現状維持に流れがちな霞が関官僚のなかで、最も孤独な闘いを強いられているのが森信親(のぶちか)・金融庁長官だろう。彼を支える「懐刀」とも「キーマン」とも言われる異色の官僚が、地方銀行など金融界から恐れられている。現在は金融庁銀行第二課長の堀本善雄だ。バブル崩壊が始まった1990年(平成2年)に大蔵省(現財務省)に入省した堀本は、ハーバード大学大学院留学などを経たのち、2000年に金融庁が発足するとともに、監督局総務課課長補佐となって金融庁に関わるようになった。大蔵OBの柳沢伯夫・金融担当相(当時)の下、国を挙げて不良債権処理に取り組もうとしていた時代だった。  検査局では三つの検査チームを統括、04年に伊藤達也が金融担当相に就任するや秘書官となり、伊藤の大臣交代とともに財務省文書課に戻るものの、08年、伊藤が福田康夫内閣の首相補佐官 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。