邦銀の「ドル資金調達」危うし

米利上げが年末と重なり、リーマン危機以来の「上乗せ金利」出現。日銀は国債リスクを鯨飲するばかり。

2015年12月号 BUSINESS [ジャパン・プレミアム再び]

  • はてなブックマークに追加

国債を大量に保有する邦銀にとって、金利上昇に伴う債券相場の下落は悪夢である。そういわれながら、日本国債の利回りは「コンマいくつ」の低水準で推移している。金利上昇のリスクはあたかも、オオカミ少年のように扱われてきた。だが油断大敵を絵に描いたように、国債をめぐる環境は様変わりしつつある。今年9月に米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、日本国債の格付けをAAマイナスからAプラスへと1段階引き下げた。国債の格下げに伴って、日本の銀行や生命保険会社の格付けも引き下げられた。にもかかわらず、日銀の異次元緩和のおかげで、国債相場はピクリとも動かない。日銀による年間80兆円の国債買い入れの霊験は、かくもあらたかなのだ。10年物国債の利回りは11月第2週時点でも、0.3%台と空前の低水準。その一方、米国では連邦準備理事会(FRB)による12月の利上げを織り込む形で、米 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。