TPPに「落とし穴」 第2幕で日本は「草刈り場」

2015年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

やはりTPPには落とし穴があった。日本、米国、カナダなどの12カ国は5年半におよぶ環太平洋経済連携協定(TPP)交渉をまとめ、11月に英文で1500ページに上る協定文書案を公表した。日本政府は10月の交渉合意後、「コメなど重要農産物の関税を守った」と繰り返し成果を喧伝していた。ところが、先の協定文書には「相手国から要請があれば7年後以降に再協議」と、今回の交渉結果をひっくり返しかねない規定が潜んでいた。
しかも、この再交渉規定は日本を狙い撃ちにしたものと断言してよい。その理由はこうだ。TPP交渉で日本以外の11カ国は最終的に自国の輸入関税をほぼ100%撤廃(自由化率100%)する。他方、日本はコメ、麦、牛肉など重要農産物を関税撤廃の対象から外したため、自由化率は95%にとどまる。日本だけが5%分の再交渉の余地を抱え込んでいるわけで、遠からず米国や豪州がコメの関 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。