「旧3本目の矢」は弾切れ! 「1億総活躍」にかける経産省

2015年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

安倍政権が掲げる「『1億総活躍』社会の実現」に向け、経済産業省が張り切っている。1億総活躍国民会議の事務局を担う政府の「1億総活躍推進室」に新原浩朗次長、田中茂明次長、中原裕彦参事官らのエース級を送り込み、厚生労働省と並ぶ最大勢力を形成している。経産省はさらに、1億総活躍関連の予算を来年度予算のシーリング対象から外すように主張。財政再建を進めたい財務省と水面下で火花を散らしている。ただ、国民会議で議論するのは、アベノミクスの「新3本の矢」の2本目と3本目の矢、すなわち子育てと社会保障が中心だ。他省庁からは「厚労省ならともかく、あまり関係がないはずの経産省がなぜ?」と訝る声が出ている。1億総活躍のコンセプトは、安倍晋三首相と今井尚哉首相秘書官が中核となって策定した。経産省出身の今井氏と通じる菅原郁郎・経産事務次官も構想段階から深く関わってきたとさ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。