TPPの交渉担当者への「論功行賞」が話題呼ぶ

2015年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

10月上旬、日米など12カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)妥結を受け、ある交渉官の転身が通商筋で話題を呼んだ。妥結の立役者のウェンディ・カトラー米通商代表部(USTR)次席代表代行の退任が発表されたのだ。新天地は米国の有力シンクタンク「アジア・ソサエティー政策研究所」(本部ニューヨーク)。11月から副所長・ワシントン事務所長として活動を始めた。カトラー氏は名門のジョージタウン大学院で国際関係修士号を取得後、1988年にUSTR入りし、アジア通として日米通商摩擦などで名を馳せてきた。柔和な笑顔が印象的だが、「調整型のタフネゴシエーター」(通商筋)であり、米議会の信頼も厚かった。TPP交渉では、国内外の軋轢を厭わぬフロマン代表を支え、妥結の最大の関門だった日米2国間の農産物・自動車貿易協議をまとめた。その豊富な人脈から、米国や韓国の大手企業が招聘に動いたが、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。