安倍首相も参戦「自動運転」狂騒曲

日本メーカーが世界をリードしそうな自動運転技術を、政治の「オモチャ」にするのは、実にもったいない。

2015年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

今年の東京モーターショーの目玉は「自動運転」だった。東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに、主要な自動車メーカーは自動運転車の実用化を宣言した。安倍政権もその動きを後押しする姿勢を打ち出したが、その内実は同床異夢の「狂騒曲」である。11月8日に終わった東京モーターショーは、日本メーカー各社が自動運転の腕を競う場となった。最先端を走っていると自負する日産自動車はモーターショー近くの一般道で開発中の自動運転車を走らせ、報道陣に披露した。試乗した記者は「交差点では横断歩道を歩く人を避けながら左折したり、隣の走行車線が空いていれば、車線変更をしたりする。信号の色を確認し、止まったり、走ったりできる」と言う。自動車ジャーナリストは「びっくりする完成度」と、手放しの褒めようだ。トヨタ自動車も負けていない。高速道路で自動運転技術を披露し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。