「TPP得失」アジアは米中二股

大筋合意にはしゃぐのは早い。中国に気兼ねしつつ、足元を見て自国の利は譲らぬしたたかさ。

2015年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月5日、アトランタ――。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉12カ国の閣僚による共同記者会見は、緊張と熱気に包まれて始まった。中央に着席した議長役の米通商代表部(USTR)フロマン代表は、一呼吸おいてから「交渉決着」を宣言。その瞬間、客席の半分近くを埋めた各国の交渉チームから、熱い喝采が沸き起こった。笑顔で握手を交わし互いの労をねぎらっていた。例外がある。壇上に並んだベトナムとマレーシアの代表だ。口元に外交的な笑みを浮かべつつも表情は堅かった。なぜなのか……。ベトナムのブー・フイ・ホアン商工相は、報道陣からTPP交渉決着の意義を問われると、意外な発言を投げ返した。「ベトナムとマレーシアそしてブルネイも、TPPと同時にRCEPに参加している。我々はTPPへの取り組みと同じ姿勢で、RCEPの交渉に臨む」商工相が語ったRCEPとは、米国抜きのアジア・大洋州16カ国で貿易を自由 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。