国税OBが脱税指南した「サイバード役員」

2015年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月21日、出会い系サイト運営会社による3億円余りの脱税をめぐり関係者4人が東京地検特捜部に逮捕された。指南役の植田茅元税理士が国税OBだったことから広く報道された事件だが、明るみに出ていない興味深い事実がある。実は逮捕された出会い系会社の実質経営者のひとりはIT企業、サイバードの現役役員だったのだ。問題の人物はサイバードの小林理取締役(10月27日付で辞任)。1966年生まれで京セラを経てサイバードに入社。主要子会社「エスクルー」では代表取締役を任されていた。高級腕時計が趣味らしく、5年前には写真入りでスイスメーカーの広告に登場。「競争の激しい業界で個性を主張するには、ある意味“ハッタリ”も必要」と持論を披露していた。脱税の舞台は東京都府中市の「システムソリューションズ」なる会社。ただし唯一の取締役で代表者は東京・西新宿の高級タワーマンションに住む男性 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。