電通社長ドキッ「FIFAの次は国際陸連」

2015年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

FIFAスキャンダルの次はアスリートの本丸か――スポーツ界を蝕むカネの亡者摘発の津波が、8月に北京でアスリートの祭典「世界陸上」を開いたばかりの国際陸上競技連盟に及んできた。フランスの司法当局が11月4日、陸上界に16年間君臨してきた前会長のセネガル人、ラミーヌ・ディアク(82)を収賄と資金洗浄の疑いで捜査していることが明らかになった。前会長はロシア8選手の薬物違反をもみ消し、2012年のロンドン五輪出場を果たした見返りに、ロシアから総額100万ユーロ(約1億3千万円)を受け取った疑いがある。国際陸連ドーピング担当医にも20万ユーロが支払われたという。シカゴ・マラソンを三連覇したリリア・ショブホワの場合も、ロシア代表の元コーチを介して56万9千ドルが支払われた。辞任したロシア陸連バラフニチェフ会長は、国際陸連の財務担当であり、ロシアのスポーツ相ら政府が関与した可能 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。