畑中元金融庁長官がコロンビア大使の波紋

2015年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融庁を昨年退官した畑中龍太郎元長官(62)がコロンビア大使に転出した人事が金融界に波紋を広げている。 同国大使を経て横浜銀行に天下った現頭取の寺澤辰麿・元国税庁長官(68)のキャリアパスを想起させるからだ。「帰任したら寺澤頭取の後釜に座るのではないか。それが実現したら、自らレールを敷いた地銀再編路線に突き進むだろう」とメガバンク関係者は言う。畑中氏と言えば、金融界に対する強権で恐れられた御仁だ。日本振興銀行のペイオフ、野村ホールディングスによる増資インサイダー事件、みずほ銀行のシステム障害や暴力団組員への融資問題など、メディアと政治家が騒ぎ立てる場面でも、躊躇なく金融機関に厳罰を下し、経営者のクビを切った剛腕だ。若かりし頃、在アルゼンチン日本大使館に3年間勤務したことがあり、そのキャリアも寺澤氏と同じだ。スペイン語で現地の女性を口説けたとい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。