英労働党「左旋回」で40年逆戻り

強硬左派コービン党首は「労働者の権利」を旗印に、EU離脱でなく残留を公約した。

2015年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

政治家は通常、国民から選ばれ政権を担当して初めて真の影響力を行使できる。だが、9月12日に「鉄道再国有化」「反緊縮」「高所得者層への課税強化」などを掲げて、英国の最大野党、労働党の党首に選出された強硬左派のジェレミー・コービン下院議員(66)の場合は違うようだ。英国は、2017年末までに欧州連合(EU)に残留するか離脱 (Brexit) するかを問う国民投票を実施することになっている。もしコービンの言動が投票結果を左右するとなれば、彼は首相でもないのに英国の歴史を塗り替えることになる。これまでの言動を振り返ってみよう。コービンは1975年のEU(当時はEEC)加盟の是非を問う国民投票では、反対票を投じた。最近はオンラインサイト「ソーシャル・ヨーロッパ」でこう述べている。「EUは労働者の権利を欧州連合条約に明記し、法的監督機関のお墨付きも与えた世界で唯一の経済共同体であ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。