日本郵政株「危ない上人気」

NTT以来の大型上場に投資家の反応は上々。値上がりより「割安」「高配当」がウリ。

2015年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

来年6月、日本郵政は株式上場後初めての株主総会を“さいたまスーパーアリーナ”で開催する。1万人もの株主の出席が見込まれるため、都心の一流ホテルなどでは収容しきれないのだ。東京ドームにも打診したが、リハーサル等もあって1週間前後の借り切りが必要となり、日程が合わず断念した。国内上場企業で最も株主数が多いのは、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険でそれぞれ90万人弱。11月4日に上場する日本郵政グループ3社(日本郵政とその子会社のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の株主数はこれを上回る百万人規模に達する公算が大きい。1987年のNTT(日本電信電話)上場以来、約30年ぶりの超大型IPO(新規株式公開)に銀行、証券会社の顔色も変わっている。野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などの幹事証券各社は土日返上、人海戦術で投資勧誘の電話をかけまくる。NTT上場時の熱気 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。