「新三本の矢」へし折る株崩落

「新ブラックマンデー」の予兆に、ブラックロックなど巨大ファンドが怯える突然死。日本株は打つ手が乏しい。

2015年11月号 BUSINESS [米利上げ前夜の恐怖]

  • はてなブックマークに追加

いま株式市場のサドンデス(突然死)に怯えるのは“杞憂”だろうか。10月8日、米民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官が、米金融界のリスクテークを抑制するとともに、不正行為にかかわった個人にも責任を負わせる「ウォール街征伐」を打ち出した。市場の不安定を助長しているとして、超高速取引(HFT)への課税にも乗り出すという。大本命とされながら、リビア・ベンガジの米領事館の襲撃に絡み、個人メールを公的に使用したことが批判を浴びて、彼女の支持率は失速気味だ。党内最左派のバーニー・サンダース上院議員の猛追を受け、一方でジョー・バイデン副大統領の立候補が取り沙汰されることで、クリントン氏はカド番に立たされている。焦っているのだろう。党内に環太平洋経済連携協定(TPP)への反対が多いとみるや、自ら国務長官として推進したはずのTPPは反対に回るなど、政策が支離 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。