米FRBで「マイナス金利」のびっくり提案

2015年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米連邦準備制度理事会(FRB)は前回9月の連邦公開市場委員会(FOMC)でゼロ金利政策の維持を決めた。株式市場を襲った中国ショックの直後であり、「事態を見極める」というイエレンFRB議長の対応は予想通り。むしろ金融市場が仰天したのは「利上げ見送り」ではなく、FRB内でマイナス金利が提案されたことだ。市場からは「米国も追加金融緩和が必要なほど先行きは不透明なのか」という不安の声が漏れた。市場が警戒する年内最大のイベントは米国の利上げに他ならない。08年の金融危機直後に導入されたゼロ金利は、ドルの循環を加速させる「劇薬」療法。この劇薬解除は景気回復の象徴であり、ロケット発射を意味する「リフトオフ」と呼ばれる。米国経済は失業率が5.1%まで低下し、国内総生産(GDP)なども利上げ可能な数字に近づいた。ロケットは燃料注入を終え、打ち上げを待っている。この状況下で、FR ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。