「3人転落死」アミーユ挫折の真因

メッセージが運営する施設は全国に1万7千室。金太郎飴的な急拡大が墓穴を掘った。

2015年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

介護大手のメッセージが運営する川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、昨年11月から12月にかけ、3人の入居者が深夜に相次いで転落死していたことが判明、社会に衝撃を与えている。神奈川県警は事故として処理していたが、転落した際の柵は高く、小柄な入居者たちには越え難い。自室でない居室からの転落者もおり、転落死した時の夜勤者は、同じ23歳の男性職員だった。男性職員はその後入居者たちから金銭や貴金属、合わせて約200万円近くを盗んで遊興に使い、5月に逮捕されていた。同施設では他にも不始末が出るわ出るわ。3月に83歳の男性入居者が浴槽内で死亡。6月には職員4人による85歳の入居者への日常的な虐待が発覚した。全国のメッセージ・グループの施設でも、虐待や火災による死亡事故など問題が続いている。名古屋の「アミーユ大曽根」、横浜の「Sアミーユ横浜神大寺」、東京都三鷹 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。