「なかりせば」で済ます人々

2015年11月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

9月7日、遅れに遅れた決算発表で、東芝の財務部長が「減損処理なかりせば」を連発して、満場の記者を唖然とさせた。不正会計がバレなければ増益でした、と言わんばかりだった。古今集の「世の中に絶えて桜のなかりせば」を無断借用されて、在原業平も地下で苦笑を漏らしたろう。いや、「チャレンジ」に続くこの流行語大賞第二弾に、さぞかしご立腹か。8月末に引責辞任した“戦犯”専務CFOをすぐ財務顧問に迎えた東芝の鈍感力といい、「カエルの面」に何とやら、「春の心はのどけからまし」の風潮が今の日本に蔓延している。8月の消費者物価指数が2年4カ月ぶりにマイナスとなり、アベノミクスの2%目標の来年達成は絶望的、見直し必至となった。が、安倍晋三首相も、甘利明経済財政担当相も、黒田東彦日銀総裁も、「原油価格の下落なかりせば」「中国経済の減速なかりせば」の連呼である。新国立競技場と五 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。