あの「再春館製薬所」が仰天イメージアップ作戦

「立志伝中の姐御」会長が仕切る御礼の会に群がるマスコミ。五輪を目指すバドミントン部創設を熊本県知事が後押し。

2015年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

阿蘇山麓にある小高い丘の麓に、1千人以上の大行列ができたのは9月25日。今年も全国の大新聞やテレビ局、広告会社の社長や幹部役員が全国各地から熊本に集結した。列の先頭で迎えのカート車に乗り込んで向かうのは、丘の上に鎮座する再春館製薬所。再春館は毎秋、熊本県町の本社工場に取引先や協力会社の幹部を集めて「御礼の会」を開いている。このパーティーは「料理の豪勢さでは日本一」(在京テレビ局幹部)と、地元で喧伝される催しだ。今年も参加者の度肝を抜く豪華さだった。天草近海で取れた大マグロが丸ごと1匹、氷の山には活タラバ蟹100匹以上、5mはある鯛の舟盛り、その横に設けられた巨大な囲炉裏を天然子持ち鮎の塩焼きがぐるりと囲む。黒毛和牛は1頭丸焼き、一度は絶滅し、幻の鶏とされる「天草大王」の唐揚げの山が積み上げられ、東京・銀座久兵衛の板前がすしを振る舞う。大盤振る舞い ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。