「VW排ガス不正」日本車に火の粉

日本メーカーにも「違法ソフトウェア」使用の温床はある。鳴り物入りの「自動ブレーキ」は大丈夫か。

2015年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月8日、ドイツ検察当局が、詐欺容疑でフォルクスワーゲン(VW)本社に踏み込んだ。排ガス規制を不正に逃れた不祥事の全容解明が焦点となる。VWは「ディフィート・デバイス」(無効化機能)と呼ばれる、試験走行時のみ窒素酸化物(NOx)の排出を抑える違法なソフトウェアを使い、通常走行時に基準値の最大40倍ものガスを排出していた。対象車種は全世界で1100万台。リコール(無料回収・修理)費用だけで65億ユーロ(約8800億円)、不正を摘発した米環境保護局の制裁金は最大180億ドル(約2兆1600億円)、欧米アジアの株主や住民から訴訟続出が予想される。その対策費用は650億ユーロ(約8兆8千億円)に膨らむと報じられ、自己資本960億ユーロ(約13兆円)が吹っ飛びかねない。

組織ぐるみの不正にメス

「最悪の不正」は、なぜ、起こったのか。排ガス規制逃れの違法ソフトは、VWの開発部門で2005~06年頃に決定された。その ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。