「マイナンバー還付」頓挫の裏

17年4月再増税を今のうち既成事実にしようと、麻生大臣に海外で言わせたが、財務省は墓穴を掘った。

2015年11月号 BUSINESS [消費再増税の「クセ球」]

  • はてなブックマークに追加

9月1日。毎年、この日は防災訓練があるので、首相の午前中のスケジュールは防災訓練でいっぱいだ。安倍晋三首相の場合、1日午後の「首相動静」を見ると、4時31分、麻生太郎副総理兼財務相、財務省の田中一穂事務次官、佐藤慎一主税局長。5時5分、佐藤氏出る。浅川雅嗣財務官加わる。18分、田中、浅川両氏出る。25分、麻生氏出る。と書かれている。ほぼ1時間、財務省が安倍首相にレクしている。初めに主税案件を34分間やって、次に国際案件を13分、最後の7分は政治案件だ。このうち国際案件は、9月4~5日の20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)での対処方針と察しがつく。主税案件は、その時点では不明だったが、G20での麻生財務相の記者会見でわかった。例の消費増税の還付である。財務省はこうした政治マターの根回しはソツがない。田中次官は安倍首相の元総理秘書官であり、1日に報告したくらいだか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。