「加藤一億総活躍相」とは何者

政治家というより己を殺し、影に徹するザ・官僚。「1億総活躍」は、来夏の参院選までのキャッチフレーズに過ぎない。

2015年11月号 POLITICS [新内閣の「キーマン」]

  • はてなブックマークに追加

今度の内閣改造は、政界の見方に大事なヒントを提供してくれた。この年末で3年になる安倍再登板政権のキーマンは、権勢を振るう官房長官の菅義偉より、実は1億総活躍相に起用された加藤勝信(59)だという視点である。安倍首相が新しく政策の柱に据えた「1億総活躍社会」は、「1億総玉砕」や「国家総動員」など戦前を連想させる勘違いなネーミングが散々の不評だが、担当相の加藤その人は政官界での評判がすこぶるいい。首相から贔屓されながら、他の取り巻き連中と違って寵愛をひけらかさず、さっぱり目立たないところが永田町・霞が関で好まれる最大の理由である。各界有識者の国民会議を招集し、省庁横断で政権の中心政策をとりまとめるのだから、これが実力者なら「ポスト安倍」の1人に擬せられてもいいはずが、加藤なら決してそうはならない、という裏返しの安心感が絶大なのである。政策内容の曖 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。