「子育て支援」財源争いで政官財“総活躍”

2015年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「福山ロス」と言われるほどに衝撃的だった歌手、福山雅治と女優、吹石一恵の結婚に、感想を求められた菅義偉官房長官の発言が物議を醸している。「この結婚を機に、ママたちが一緒に子供を産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれればいいなと思っています」戦前の富国強兵政策の一環で唱えられていた「産めよ増やせよ」を連想させる時代錯誤の発言だった。菅の念頭に、安倍政権が打ち出した「新三本の矢」の一つ「希望出生率1.8の実現」があったことは間違いない。霞が関では「首相のイチ押し」とされるこの政策は、若い世代が希望通りに子供を持った場合に想定される数字をベースにしたもので、2020年代半ばでの達成が目標になっている。時代錯誤を覚えさせる政策と表裏を成すのが「子育て支援」。今年4月から「子ども・子育て支援新制度」が開始されているが、出生率問題とともに、この分野に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。