山口組分裂「最後の共食い」

抗争したら「共倒れ」。6代目は表向き動かず、水面下で切り崩す。絶縁された神戸山口組は生き延びられるか。

2015年10月号 DEEP [明日なきヤクザ]

  • はてなブックマークに追加

日本最大の広域暴力団「山口組」の創立百周年を祝う記念式典は今年1月25日、神戸市の山口組総本部2階の大広間で、盛大に執り行われた。稲川会、松葉会、共政会など全国の親戚・友好12団体のトップが招待され、午前10時40分に司忍6代目が着座すると、井上邦雄若頭補佐が司会進行を務めて式典が始まった。山口組を代表して挨拶に立ったのは、ナンバー2の髙山清司若頭が服役中のため、実質的な若頭代行を務める橋本弘文統括委員長で「さらなる飛翔の1世紀に向けて邁進する所存です」と挨拶。親戚団体の祝辞、山口組百周年の歴史をたどるスライドショー、恒例のカラオケタイムと続き、最後に入江禎舎弟頭の音頭で手締めが行われた。それから7カ月後の8月27日、山口組は分裂した――。

上納金苦の「雑貨屋の親父」

山口組を離れた13団体は、9月5日、定例会を中核団体の山健組本部(神戸市)で開き、人事や月会費、内規を定めた。組の名は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。