「日本のイエレン」? 白井審議委員に日銀総裁説

2015年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本銀行の白井さゆり審議委員(52)の去就に注目が集まる。2011年4月に慶大教授から就任した白井氏は来年3月一杯で任期満了となるが、前任の須田美矢子氏も2期務めており、「再任は確実」(政府関係者)だ。それどころか、米国の金融政策を司る連邦準備制度理事会(FRB)の初の女性議長ジャネット・イエレン氏(69)になぞらえ、「日本のイエレン」を黒田東彦総裁(70)の後継候補に推す向きがある。
日銀総裁には、海外の中銀総裁と直接電話で渡り合うだけの英語力が必須だが、米コロンビア大学で博士号を取得し、国際通貨基金(IMF)に勤めた経験を持つ白井氏はうってつけだろう。白川方明前総裁時代に就任した後、しばらくは事務方が用意した公式見解を繰り返すだけだったが、最近では「金融政策は私が前から主張していた通りに動いている」と言って憚らない。
白井氏の姿勢が変わったのは黒田体制 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。