ロッテ「ガバナンス」の葛藤

発端となった兄解任の謎を解く。日韓「一頭二体」のオーナー支配構造では、もはや対応できなくなっていた。

2015年10月号 BUSINESS [一族内紛劇の真相]

  • はてなブックマークに追加

ロッテ内紛劇の真相は、韓流ドラマの「骨肉の争い」とは大きく違う。根底には深刻なガバナンスの葛藤があった。いささか風変わりな株主総会だった。8月17日、東京・内幸町の帝国ホテル会議室で開かれたロッテホールディングス(HD)の臨時株主総会に出席した株主はたった1人だけ。カリスマ創業者、重光武雄名誉会長=本名・辛格浩氏(92)の姿はなかった。1月に解任されるまで同社副会長だった長男、宏之=辛東主氏(61)が正面の株主席に就き、向かいあう会社側役員席には、他の取締役とともに次男、昭夫副会長=辛東彬氏(60)が座っていた。ロッテグループは2015年3月期の日韓両国合わせた連結売上高(内部取引を除外)が約6兆4700億円に達する。日本では専らガムやチョコレートなどの菓子メーカーとして知られるが、韓国ではホテル、流通、化学、金融など多岐にわたる事業を展開。海外進出も活発で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。