浜岡原発付近で群発地震、東海地震の前兆か

2015年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

大手メディアはどこも報じないが、8月29日から9月1日にかけて、静岡県の御前崎付近を震源に8回の有感地震があった。29日夜に震度1と2が計3回、31日夜に震度1と2が都合4回、そして9月1日未明に震度3の地震が起きた。気象庁の地震防災対策強化地域判定会は「震源は深さ10キロ程度の地殻内で、プレート境界で起きる東海地震とはタイプが異なる。直ちに東海地震と結びつく変化は観測していない」と発表したが、御前崎の目と鼻の先にある浜岡原発の近接住民は「深夜にドスンと来た」と不安を漏らす。地元大学の研究者は「地震は比較的珍しい場所で起こった。1週間以内に大ぶりのが来たら危ない」と警戒する。その矢先の8日の夜、御前崎市や牧之原市で震度3の地震が発生した。震源は駿河湾のフィリピン海プレート内で深さ23キロ、マグニチュード4.6を観測した。気象庁は「4年前に発生した震度5弱の地震の余震 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。