「村上父娘鷹」の次の一手

27歳の長女を「広告塔」に舞い戻った村上世彰氏。不動産投資は今も泥濘に嵌まったまま。資金余力はそれほどない?

2015年10月号 BUSINESS [「物言う株主」のリベンジ]

  • はてなブックマークに追加

あの村上世彰氏が物言う株主として舞い戻ってきた。割安銘柄を一気に買い占め経営陣に株主還元を迫るやり口は相変わらずで、その舌鋒にはさらに磨きがかかっているようだ。ただ、以前のようにマスコミの前で自らがポジショントークをまくし立てることはない。代わって広告塔よろしく前面に立つのはまだ27歳の長女・絢氏である。目下、異形の父娘鷹が攻め込んでいるのは東証1部の電子部品商社、黒田電気だ。

再び「臨時株総」請求の構え

「従業員一同声明文の捏造について」9月3日、村上絢氏が代表取締役を務めるC&I Holdingsはそんなタイトルのリリースを自社ホームページに掲載した。ホームページと言っても事業内容や経営陣の経歴などが載っているわけではない。黒田電気に攻め込むにあたり、6月中旬に急遽開設したもので、見た目にはやりきれないほど殺風景な代物だ。「捏造」とは穏やかでない言いぶりだが、C&I社の主張によ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。