「白紙撤回」エンブレムの次は

2015年10月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

あ~あ、新国立競技場に続き、五輪エンブレムまで「白紙撤回」とは。五輪組織委の森喜朗会長は「エンブレムではえらい目に遭った」とダジャレ(?)を飛ばしてまた知らん顔。影の薄い武藤敏郎事務総長にババを引かせた。画像検索でパクリを暴く「炎上」をネット社会の病理といわんばかりの釈明だったが、「盗作は絶対ない」と言いながら、組織委の要求に応じてデザインをコロコロ変えたこと自体、デザイナーのいかがわしさを物語っていた。しかし、これだけケチがついても責任の所在が不明なのは、組織委が木を見て森を見ず、文科相、五輪担当相、都知事、JSC、JOCに首相官邸と国交省が組んずほぐれつで、「船頭多くして船山に登る」状態だからだろう。根っこには安倍政権のマネジメント不全がある。組織委に蟠踞する面々は政官財の「鉄のトライアングル」そのもの。細かいだけで巨大組織運営のノウハウ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。