次世代陸自ヘリ「愚の骨頂」の怪

島嶼防衛の兵站を担うUHーXが老体改良機種に。アベノミクス最大の矛盾が露呈した。

2015年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

防衛産業ばかりか、安全保障関係者の誰もがのけぞった。防衛省が7月17日に発表した陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター「UH-X」の開発事業者選定の意外な結果である。ガチンコの一騎打ち。米ベル・ヘリコプターと組んだ富士重工の既存機種改良案と、欧州エアバス・ヘリコプターと組んだ川崎重工の新規共同開発案である。勝ったのは圧倒的に性能の劣る富士重・ベル連合で、敗れた川重・エアバス連合は「信じられない。防衛省自体があれほど新規開発で最新鋭機種を、と意気込んでいたのに、急に時代錯誤の安上がりな改良機種を選ぶとは」と憤りを隠さない。

安物買いの銭失いか

防衛省の機種選定はかねて汚職の温床だった。3年前の12年3月、今回と同じUH-Xの開発でいったん川重が防衛省と契約を結んだものの、9月には東京地検特捜部が官製談合として摘発、陸自幹部が処分され、開発はストップした。そのやり直し選定がま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。