「不倫サイト」襲ったサイバー脅迫

「アシュレイ・マディソン」から3千万人以上の会員情報が流出。会員は身元が特定されないか戦々恐々。

2015年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

世界最大手の不倫サイト「アシュレイ・マディソン」がサイバー攻撃を受け、盗み出された3千万人以上の会員情報が「ダークウェブ」にぶちまけられた。秘かに背徳に興じていた世界中の会員たちは、今や自分の身元がバレないかという恐怖と恥辱に塗(まみ)れている。14年前に開設されたアシュレイ・マディソンは、カナダのAvid Life Media(ALM)社が「人生は短い。不倫をしましょう」をモットーに運営する既婚者向けの出会い系サイトだ。ALMによると世界48カ国に4千万人の登録者を抱えているという。日本にも180万人の会員がいるというから、戦々恐々としている人はあなたの周りにもいるかもしれない。アシュレイ・マディソンを襲ったのは「インパクト・チーム」を名乗るハッカー集団で、不倫を悪とし、ALMに対しサイトを閉鎖しないと盗み出した全情報を公開すると脅迫していた。事件が明るみに出たのは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。