医学部新設に「日医」が権謀術数

「三選」を目論む横倉会長が医学部新設に猛反対。首相に媚びを売り、診療報酬改定の譲歩を引き出す目論見。

2015年10月号 POLITICS [票とカネの「横倉執行部」]

  • はてなブックマークに追加

遂に「岩盤規制」の一角が崩れた。文部科学省が東北薬科大学の申請を認め、1979年の琉球大学以来37年ぶりに医学部が誕生することになった。文科省は、更に一校の新設を認めようとしている。国際医療福祉大学が千葉県成田市と組み、国家戦略特区に申請した「国際医療学園都市構想」だ。最終手続きを残すのみで、遠からずゴーサインが出る見込みだ。医療界が黙って見過ごすわけもない。日本医師会(日医)が中心となって反対運動を繰り広げたが、安倍晋三首相に押し切られた。ところが、不可解なことに「勝負」がついた今も、日医は反旗を振りかざしている。そこには来年6月の日医会長選で三選を狙う横倉義武会長の深謀が覗く。安倍官邸に対する条件闘争を仕掛けているのだ。

国際医療福祉大理事長に敵愾心

「成田市の医学部新設について3府省の方針が示されたことは大変遺憾に思っている」――。8月19日の記者会見で、横倉は怒りを露わ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。